PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

中島ゆうあ@電子書籍作家

中島ゆうあ(優 空)*マリクロ|電子書籍総合出版社 作家ブログ*
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
もろもろです
 
どうも。

ゆうあです。


なんだか気温がころころと変わって

着る服に困りますね

わたしのいる街は今日は割りと暖かく、

日中は薄手の服で大丈夫でした。

昨日より4℃も高かったんですって。


そんなことより、

最近、

どうも涙もろくて困ります


すぐに泣いちゃうんですよね、わたし。


もらい泣きなんてしょっちゅう

だめだ、だめだって思うと余計涙が


涙もろいなんてもんじゃないな、と。


旦那ちゃんとけんかすることもあるんですが、

最初っから最後まで泣いてるなんて

珍しくないですから。


泣かない強い女になりたい

と思うんですが、

それは年とともに叶わぬ夢となってます。


年々、涙もろくなってるのを実感しています。


ちびまるこちゃんや、サザエさんを見て

泣いた経験のあるのは、わたしくらいかと


涙は女の武器と申しますが、

こうしょっちゅう泣いてると、

わたしのはもう、武器ではなくなってるな

と思わざるを得ないんですよね


皆様、

涙は出し惜しみしましょうね



中島ゆうあ
| 日常 | 17:44| - |
とりつかれてます
 
どうも。

ゆうあです。


寒くなってきましたね。

体調を崩さないように注意しましょうね


さてさて、

ここ最近、パソコンに向かう時間が増えました。

残念なことに、

新作を書くためではないのです


PTAの書記をしているんですが、

いろいろとデータの整理をしないと

次年度以降に引き継げない

ということで、

エクセルで作ったデータの整理をしています。


今まで、すべて人海戦術で行っていたデータ処理を

エクセルで行えるようにファイルを作成したんです。


今まで、よくこれを人の手でやってたな

というくらい、事務処理が煩雑だったんですよね。

パソコン使えばもっと時間短縮できるのに

と思って、わたしが立ち上がったわけです。

これが昨年の話。

これが役員二年目突入の大きな理由だったわけですが

わたし以外、このエクセルファイルを取り扱えなかったから。


で、このデータの処理の仕方を

文字や口頭で伝えたところで、

分かりにくいので、

もういっそマクロ作っちゃえ

ということで、マクロ作成に時間を費やしています。


マクロを作ると、

データが容量が大きくなっちゃうんですけど、仕方ない。

それでなくても、

関数いっぱい使ってて容量でかいんですけど


でも、

事務処理の簡素化のためには必要なので、

少々データ更新に時間食っても許してもらいます。

ついでに、

関数の整理もしてます。


と言うわけで、

わたしは今、

マクロと関数と闘っています


それはもうとりつかれたように、

あーしたらどうだろう、

こーしたらどうだろう、

考えてます。



時間かかる作業なんですが、

役員の負担を減らさないと、

役員のなり手がないんです


ここまでやっても、

分からないって言われちゃうんですが


意外とね、

世の奥様方はパソコン使わないんですよ。

パソコンがないって言われることもあるし

パソコンを使うのは旦那さんだけって

ご家庭も多いんですよ。


Wordは

昔使ったことのあるワープロのおかげでなじみがあっても

Excelとなるとね、

無理って思う方も多いんですよね。



そういうわけで、

三年目に突入すると思います。

来年こそ、

引継ぎばっちりして引退してやるぅ



中島ゆうあ
| 日常 | 08:21| - |
のりものでGO!
 
どうも。

ゆうあです。

本日は晴天なり

お出かけ日和ですね。

平日だけど


今日、次男坊は社会科見学です。

工場見学などではなく、

グループに分かれて、

電車、バスに乗って目的地まで向かう、

という体験学習の日です。


題して、

のりものでGO


自分たちで切符などを購入するようです。

乗り降りや車内でのマナーを学ぶのが目的なんでしょうね。



意外と電車、バスって乗らないんですよねぇ。

車でのお出かけがほとんどじゃないですか?

こういうのを学校で教えてもらうってのもどうかな、

と思うんですけどね。

家庭学習の域なんじゃないかなぁ

出来てないうちが言うのもなんですが


先生たちだけでたくさんのグループの引率ができないので、

保護者にもボランティアのお願いがありました。


仕事がなかったら行くね、

と言っていたんですが、

仕事が入りまして……

残念がってました。



子どもたちにとっては

楽しい授業には変わりなく・・・・・・

次男坊はいつもより早起きでした


お弁当と100円分のおやつを持って

うきうきと出かけていきましたよ。


さて、そろそろ帰ってくる時間です。

たくさんお話聞いてあげなきゃね


中島ゆうあ
| 日常 | 14:53| - |
霜月

どうも。

まだ腰に爆弾を抱えたままの

ゆうあです 


冷えるからでしょうかね、

パソコン作業の後など、

立ち上がると座っていた格好のまま

腰が曲がった状態で固まってます。

う〜ん、と伸びをしてからでないと歩き出せません

5歩くらいまで腰がきしきしときしんで痛いです

あ〜、ババくさい


と、まぁ、11月です

クリスマスの話題がのぼり始めますね。

子どもたちは、

もうクリスマスプレゼントの話をしています。


サンタさんにはもうお願いをしているようです

「ママには買えない高いものをサンタさんにお願いするんだ

だそうです


いやいや

それはサンタさんにも無理だからぁ

夢を持った子どもたちに説明も出来ず……

どうしたもんだか


じいじ、ばあば(舅と姑)に泣きつく

いやいや、無理だろう

孫が7人だよ。

お願いできるわけがねぇ〜よ


あーちゃん(わたしの母)は?

いやいや、

孫はうちだけだけど

日ごろ米やら何やらで援助を頂いてるので

これ以上は……ねぇ


頭が痛いですね


街がクリスマスで浮かれ始める11月。

世のお父さんお母さんは

クリスマスにクルシミマスですよ


いやぁ

オヤジギャグでしめちゃったよぉ

わたしの知的キャラが


あ、そんなの元からなかったね



中島ゆうあ
| 日常 | 09:46| - |
女子会
 
どうも。

ゆうあです。


今日は、

PTAの女子会の日でした

7人でランチをして、

その後、お友達のお家でおしゃべり。


ランチをしたお店は、

昨年のPTA副会長(♂)がやっている

懐石料理屋さんでした。


PTA繋がりでお安く……

なるはずもなく


おいしいお料理をいただきました。

おひとり1200円

主婦にはお高い

でも、たまには贅沢。

いいよね


おうちでのおしゃべりは、

これぞ、女子会


来年続投するのか?

という話から、

旦那の愚痴に続いて、

学校、先生の話もし、

いわゆる世間話もし、

はたまた皇室話まで飛び出し

子どもが下校するぎりぎりの時間まで

わいわい騒ぎました。


こういうのも必要ですね


昨年のPTA役員の間では

こういう集まりがなかったので、

今年度は役員やっていても楽しいです


3年目もやっちゃう

かもね


ま、こんなに簡単に決められる話でもないんですけど。

来月初旬にはどうするかを聞かれるので、

真剣に考えます。

他の方は、

今年初めての方ばかりなので、

来年も続投するみたいです。


PTAってボランティアなので、

気持ちよくやってくださる方がいるって

本当にありがたいです。


どうせ、やるなら

楽しんでやりたいですもんね。

ランチの次は飲み会も計画されてます

お金が続く限り参加したいなぁ、

なんて思ってます。

バイトがんばりますっ


PTA役員の仕事は大変なこともあるけど、

先生方ともよりお近づきになれるし、

学校の内情もよく知れるし、

お友達も増えるし、

やって損はないんじゃないかなとわたしは思います。

経験も財産ですから。


今日は、ちょっと切り口を変えた話題をお送りしました


中島ゆうあ
| 日常 | 18:00| - |
夫婦
 
どうも。

ゆうあです。


今日のテーマは

夫婦。


いきなりでしょ?


先日、

旦那ちゃんがぽつり。


「世の夫婦は俺らとは違うで」

はぁ なにが


仕事の同僚となにやら話をしたそうです。


嫁さんには触りたくない。

と思ってる方が大半だそうで、

旦那ちゃんには理解できないそうです


「俺なんか毎日触りたいけど

あのぉ恥ずかしいんですけど


はい、まぁ、毎日、スキンシップしてますけど

って、別に変な事してないですよ。

変な事ってなに?

ま、ご想像にお任せします


そういうわけで、

我が家は結婚12年目になりますが、

いまだに、行ってきますのキスは欠かしません


世のご夫婦はどうなんでしょうね?


うちって変わってます?

そんな事ないですよね?


夫婦の形も色々ありますから、

どれが正解って訳でもないですけど、

うちはこれでうまくいってます

会話はかみ合わないこと多いですけど

言葉はいらないってことかしら?


今日はばか夫婦のお話ですみません


なんだか、キャラ崩壊?



中島ゆうあ
| 日常 | 14:37| - |
あのね
 
どうも。

腰の調子はだいぶよくなった

ゆうあです。


でも、

無理は禁物。


ああ

なんてババくさいせりふ

ま、そんな年なんで何も言えませんが



ここ数日、

心を入れ替えて

ブログを更新していってます。

でもねぇ、

昔から、日記って続かなくて

何書いていいやら。


次男もですね、

学校の宿題で

週末には「あのね」という

日記を書く宿題が出ます。

「あのね」というノートがあるんですよ


「先生、あのね」

と言う書き出しで、

週末にあったことを日記にするから、

「あのね」。


ところが、

週末でも、旦那ちゃんはほぼ毎週仕事。

わたしも、土日のどちらかは仕事。

お出かけが出来ません


なので、

「書くことない

と次男に言われてしまいます。


何でもいいじゃん、と言うんですけど、

毎週、

折り紙の話ともいかないし

近所のお友達も

週末に遊べるお友達って決まってるから

内容に変化がなくって

書けないみたいなんですよね。


人に伝えるための文章を書くってことが

宿題の意味なんだろうけど、

子どもにとってはやっぱり

何かイベント事があってほしいわけで


親としては

申し訳ないなぁ、なんて思います


そういうわけで、

今、次男は長男を引き連れて、

日記に書くことを作るために

(しょうがなく)

いつものお友達と遊んでます


わたしがどっか連れて行ってあげれたらいいんですけど

息子よ、すまん

おやつにホットケーキ作るから許して



と、

なんだかんだで

息子話になってしまう親ばか

毎度、すみません



中島ゆうあ
| 日常 | 11:10| - |
読書の秋
 
どうも。

ゆうあです。


秋ですね

でも、今日は少し暑いかな。



秋だからということでもなく、

本はいつも読んでいるんですが、

先日、

本を読んでるわたしに向かって旦那ちゃんがポツリ、

「読んでどうなん?」と。


旦那ちゃんは本を読みません。

字があるものを読むのは、

漫画か釣り雑誌くらいかなぁ。

なので、

読書をするということが理解できない

と言います。


読んでどうなん?


と聞かれても・・・・・


これって、


映画を観てどうなん?


って言うのと同じことですよね?


娯楽ですもん。

面白いから読んでるんだけどなぁ


どうなん? 

って聞かないでよね



つまり、

旦那ちゃんとわたしは

あんまり趣味が合わない、ってこと。

わたしも釣りは好きですけど、

趣味が合うのはそれくらいかも。


なんて言うか、

生きてきた道が全然違うと言うか



ほぼ、

会話もかみ合わないです


これで、よく結婚できたな、ってなもんで


でも、きっと、

だからこそうまくいってるのかな、と思います。


お互い無いものを補ってる、みたい、なね。


わたしの知らないこといっぱい知ってたり、

わたしが出来ないこといっぱい出来たり、

だから、好きなんだろうなぁ、なんてね


読書の秋に、

そんなことをしみじみ思ったりしました。




中島ゆうあ
| 日常 | 14:33| - |
身長差のある恋人
 
どうも。

ゆうあです。


近頃、息子の中に『男』を見ます。


いや、いや、

変な危ない話じゃないですよ


長男のお話です。


わたしがソファに座ってテレビを見ていると、

必ずすりすりと近寄ってきます。


前にも書きましたが、

甘えたなんです。

超がつくほど


まぁ、これくらいはよしとしましょうよ。


こっからですよ


となりに座ると、

当たり前のように、肩に手を回してきます。

そして、反対の手は腰を抱いてきます。


身長135センチのボーイが

167センチの女を抱きしめるの図


いいんですよ、ええ

いいですとも。

恋人同士かよって心の中で突っ込むようなことをされても。


将来こんな構図を見ることになるのか?

と心配になったとしても。


だって、

「ママ、大好きだから

なんて言われちゃあ、

何にも言えませんぜ、だんな。


でもね、でもね。


腰を抱いている手が、

だんだんと上に上がってくるんですよね

胸を触ろうとするんです。

いや、言っていいのかな、これ


一言言っておくと、

わたし、別に、巨乳じゃないですから


ある意味、

こんな胸でいいのか?

と心が痛むわ


怒っても、懲りずに

毎日、触ろうとしてくるんです。


世の小学四年生男子は、こんなもんなの?

それとも、うちの子だけ・・・・・・


これは、もしかしたら、

長男のためには言わないほうがよかったことなのかも


次男は、

「好き」

とか、

「ママとずっと一緒にいるよ」

とか、言ってくれるけど、

長男みたいに甘えてくることはないんです。

ちょっと寂しい


だから、余計に長男の行動が少し過剰な気がして、

悩んでたりするんですけどぉ、

今だけ、今だけ、と思って、

「とっても、甘えん坊なんですぅ


てな、感じでいこうかなと思ってます。


子どもがでっかくなったら、

わたしに見向きもしてくれなくなるだろうことを思うと

甘えてきてくれるうちが華なんだろう、と。



そういうわけで

身長135センチのかわいい恋人と

今日もラブラブです



次回作は、

身長差カップル物もいいかもなぁ


中島ゆうあ
| 日常 | 16:56| - |
涙の後
 
どうも。

ゆうあです。


昨日の涙のお話のその後を。


次男が泣いた日。

その夜。

次男に添い寝をしていたとき。


たまに、子どもたちは「一緒に寝よ」と言ってくるので、

眠たくなるまでの少しの時間、

学校のことなどを話しながら添い寝をするんです。

ママとしては、

テレビも見たいけど、内職したいけど、

嬉しいんですよね


そして、眠りに落ちる少し前に、

「ママ、もういいよ」と言われるので、

そこで、添い寝タイムは終わりです


で、その添い寝タイムのときに、

さりげなぁく、泣いていたのかどうかを聞いてみました。

「うん」

あっさり認めました。

でも、上の子には内緒にしといてほしいと言われました。


恥ずかしいんだねぇ〜


でも、息子よ。

あれは、バレバレだと思うぞ


上の子は、そういう空気は読む子なので、

あの場では何も突っ込んでませんでした。

いつもは、「ももええってぇ〜」と思うくらい

人のあげあしとって、人をイラつかせる天才なんですけど。


そうそう、

最近、長男を怒るとき、

「本当はやさしい子なんだってママは知ってるよ」

と一言つけるようにしていたら、

(あまりに怒るようなことをしてばっかりいるんで、

ちょっとせめ方を変えてみようと思ったんです)

何かいいことをしたら、わたしがほめる前に

「ぼくってやさしいから」

と言うようになりました



と、そんな余談もありながら……


男の子ってやっぱり、

本能的に、涙を見せることは少し恥ずかしいのかなぁ

なんて思った出来事でした。


女の子だったら、

どんな感じなんだろうなぁ、

と思わずにいられません。


女の子、ほしかったんです。


先日、洋服のショッピング中に、

娘さんと一緒に服選びをしているお友達を見かけて

すんごくうらやましかったぁ


絶対に女の子が生まれるって分かっていたら

もう一人がんばるだろうなぁ


と、まぁ、

こんなとりとめもない話でごめんなさい。



中島ゆうあ
| 日常 | 08:21| - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS