PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

中島ゆうあ@電子書籍作家

中島ゆうあ(優 空)*マリクロ|電子書籍総合出版社 作家ブログ*
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
身長差のある恋人
 
どうも。

ゆうあです。


近頃、息子の中に『男』を見ます。


いや、いや、

変な危ない話じゃないですよ


長男のお話です。


わたしがソファに座ってテレビを見ていると、

必ずすりすりと近寄ってきます。


前にも書きましたが、

甘えたなんです。

超がつくほど


まぁ、これくらいはよしとしましょうよ。


こっからですよ


となりに座ると、

当たり前のように、肩に手を回してきます。

そして、反対の手は腰を抱いてきます。


身長135センチのボーイが

167センチの女を抱きしめるの図


いいんですよ、ええ

いいですとも。

恋人同士かよって心の中で突っ込むようなことをされても。


将来こんな構図を見ることになるのか?

と心配になったとしても。


だって、

「ママ、大好きだから

なんて言われちゃあ、

何にも言えませんぜ、だんな。


でもね、でもね。


腰を抱いている手が、

だんだんと上に上がってくるんですよね

胸を触ろうとするんです。

いや、言っていいのかな、これ


一言言っておくと、

わたし、別に、巨乳じゃないですから


ある意味、

こんな胸でいいのか?

と心が痛むわ


怒っても、懲りずに

毎日、触ろうとしてくるんです。


世の小学四年生男子は、こんなもんなの?

それとも、うちの子だけ・・・・・・


これは、もしかしたら、

長男のためには言わないほうがよかったことなのかも


次男は、

「好き」

とか、

「ママとずっと一緒にいるよ」

とか、言ってくれるけど、

長男みたいに甘えてくることはないんです。

ちょっと寂しい


だから、余計に長男の行動が少し過剰な気がして、

悩んでたりするんですけどぉ、

今だけ、今だけ、と思って、

「とっても、甘えん坊なんですぅ


てな、感じでいこうかなと思ってます。


子どもがでっかくなったら、

わたしに見向きもしてくれなくなるだろうことを思うと

甘えてきてくれるうちが華なんだろう、と。



そういうわけで

身長135センチのかわいい恋人と

今日もラブラブです



次回作は、

身長差カップル物もいいかもなぁ


中島ゆうあ
| 日常 | 16:56| - |
涙の後
 
どうも。

ゆうあです。


昨日の涙のお話のその後を。


次男が泣いた日。

その夜。

次男に添い寝をしていたとき。


たまに、子どもたちは「一緒に寝よ」と言ってくるので、

眠たくなるまでの少しの時間、

学校のことなどを話しながら添い寝をするんです。

ママとしては、

テレビも見たいけど、内職したいけど、

嬉しいんですよね


そして、眠りに落ちる少し前に、

「ママ、もういいよ」と言われるので、

そこで、添い寝タイムは終わりです


で、その添い寝タイムのときに、

さりげなぁく、泣いていたのかどうかを聞いてみました。

「うん」

あっさり認めました。

でも、上の子には内緒にしといてほしいと言われました。


恥ずかしいんだねぇ〜


でも、息子よ。

あれは、バレバレだと思うぞ


上の子は、そういう空気は読む子なので、

あの場では何も突っ込んでませんでした。

いつもは、「ももええってぇ〜」と思うくらい

人のあげあしとって、人をイラつかせる天才なんですけど。


そうそう、

最近、長男を怒るとき、

「本当はやさしい子なんだってママは知ってるよ」

と一言つけるようにしていたら、

(あまりに怒るようなことをしてばっかりいるんで、

ちょっとせめ方を変えてみようと思ったんです)

何かいいことをしたら、わたしがほめる前に

「ぼくってやさしいから」

と言うようになりました



と、そんな余談もありながら……


男の子ってやっぱり、

本能的に、涙を見せることは少し恥ずかしいのかなぁ

なんて思った出来事でした。


女の子だったら、

どんな感じなんだろうなぁ、

と思わずにいられません。


女の子、ほしかったんです。


先日、洋服のショッピング中に、

娘さんと一緒に服選びをしているお友達を見かけて

すんごくうらやましかったぁ


絶対に女の子が生まれるって分かっていたら

もう一人がんばるだろうなぁ


と、まぁ、

こんなとりとめもない話でごめんなさい。



中島ゆうあ
| 日常 | 08:21| - |

どうも。

今日は「涙」のお話を。

涙といっても、悲しいほうの涙ではありません。

子どもの涙のお話です。


長男編。


一緒にテレビで映画を見ました。

「一番泣ける」という謳い文句の映画でした。

ワンピース史上、ですけど


別に、わたし、ワンピース好きって訳じゃないんですよ。

でも、映画って本編をそんなに知らなくても楽しめるようにできてるでしょ?


そんでもって、さすが、一番泣けるというだけあって、

涙もろい私は、もうボロボロでした。

ワンピースがあんなに人気ある理由がよく分かりました。

泣いて、笑って、感動して、楽しいお話ですね。 


長男と二人で、ソファに並んで座って観てたんですけど、

見られても構わないって感じで、わたしはぐじゅぐじゅに泣いておりました。

長男は、とちら見すると、

泣いてました


子どもが、何かに感動して泣くっていうのを

初めて目の当たりにして、それに感動して

ぐじゅぐじゅの上にうるうるしてしまいました


それで、二人して、

ぐじゅぐじゅ、ボロボロに泣きながら映画鑑賞しました


変な話ですけど、

ちゃんと感じる心を持っていてくれたんだなぁ、

なんて嬉しくなっちゃいました。

最近、やんちゃな生意気坊主になってきていたんで、特に



さて、次男編。

この子はねぇ……

つかみどころがなさ過ぎて、

わたしの中では、不思議くんなんですよね。


そんな次男の涙のお話。


先日、

夕食時に、わたしと子ども二人でご飯を食べていた時のこと。

その日は、テレビで、動物感動話をやっていて、

ご飯時にも関わらず、ほぼガン見でございました

子どもたちは、テレビに背を向ける場所に座ってるんで、

口の中に食べ物を放り込んで、

もぐもぐする間はテレビを見てもいい、ということになってるんですが、

どうも、次男の様子がおかしい。


顔を思いっきりそむけて、

対面にいるわたしに横顔すら見えないようにしていたんです。

そろそろ

「テレビばっかり見てないで、食べなさい」

と注意をしようかと思ったら、

おもむろに、顔を戻して、

「あくびが出た」と、目をこすったんです。


んん

これは、もしや。


「あくびが出た」

がこの日、三回ありました。


ええ、泣いていたんです


わたしはすでに泣いてましたけど


でも、わたし的には、

えーーーっ泣くのぉ

という感じでした。


変な話、

まだまだ幼いところが多くて、

そういう感情はまだ育っていないと思ってました。


しかも、ごまかしてるよ

てか、あくびってベタ

どこで習ったんだろう?



なんかもうねぇ、

必死でごまかしてるそんな姿がもうかわいくてかわいくて

抱きしめたくなりました。


長男は、感動はしてたけど、

泣いてはなかったなぁ。



そんなこんなで、

二人とも、なんだかんだ言って、

かわいい


いい子だ

なんて思った二つの出来事でした。


親ばか話でごめんなさい



中島ゆうあ
| 日常 | 17:20| - |
私の愛しの先生
 
どうも。

ゆうあです。

珍しく連投ですな

それにはもちろん、訳があるんですが……


作品が発売になりました

ありがとうございます。


長い時間かけて編集してくださったマリクロ編集部の皆さま、

今回新たにかわいい表紙を書いてくださったイラストレーターさま、

作品を置いてくださる書店さま、

感謝の気持ちでいっぱいです。


「私の愛しの先生」は、中島ゆうあの名前で出る初作品となります。

読者の皆さまに楽しんでいただけたら嬉しいです。


内容は……

ずばり、「青春」 です。


多くを語るのはやめます。

決して、面倒だからではないので、誤解なさらないように




これからも、

スローペースながら、作品を送り出し続ける作家でありたいです。

どうぞ、中島ゆうあをよろしくお願いします。



中島ゆうあ


| 著書 | 14:49| - |
新しい日
 
どうも。

ゆうあです。

優空 改め 中島ゆうあ となりました。


改名にいたったあれやこれやははしょりまして

氏がつきましたので、覚えてくださいね。

新しい名前で以後お見知りおきをお願いします


この名前から知ってくださる方もいらっしゃるので、

ゼロからの気持ちでがんばります。

ある意味、言葉通りですけど

カムバック、マイ データ〜



パソコンのハードがぶっ飛んだのも

腰をいわしちゃったのも

家計がピンチを迎えたのも

それもこれも旦那ちゃんが前厄のせいだな、うん


いろんな涙を流しましたが、

ゆうあは生きています


子どもの笑顔に癒され、

旦那ちゃんの愛に包まれ、

日々の妄想に心躍らせ、

前に向かって進んでるよぉ


そして、新しい作品を書き始めました。

出来上がるのはいつになるか、まったく分かりませんが

待っていてくださる方がいてくれたら嬉しいです



中島ゆうあ
| 日常 | 11:24| - |
いわしてもうたぁ〜!!
 
どうも。

パソコンのハードを交換して、復活したゆうあです

ええ、パソコンは直りました。

データは戻ってきませんが


で、前向きにがんばろうと思った矢先……

いわしてまいました、

腰を


ぎっくり腰ではないようですが、

筋を違えて、歩くこともままなりません。


今は痛み止めを飲みながら、

仕事に行ってます。


まだ歩けるし、座れるし、

寝たきりってわけじゃないので、

ぎっくり腰じゃない!と思ってるんですけど


ところで、

いわしてしまう

って、関西弁ですかね、やっぱり?


腰を痛めたぁ〜

より

腰いわしてもうたぁ〜

っていう方が大変なことのように聞こえません?


というわけで、

パソコンが直ったご報告と

腰をいわして、療養中?だというご報告でした。




| 日常 | 14:23| - |
史上最大のショックな出来事
 
どうも

パソコンのハードがぶっ飛んだ

ゆうあ です。


だんなちゃんのパソコンを借りてご報告させていただいてます


USBに入れていて無事だったデータもありますが、

泣くに泣けない状態です。


執筆していた作品もそうですが、

家計簿や確定申告用の帳簿もぶっ飛んでしまいました。


一番ショックなのは

子供の写真。

生まれたときから撮りためてたやつなのにぃ。

あのかわいい笑顔がもう見れないなんて

いや、今でもかわいい笑顔してくれますけど。


いくら泣いても戻ってきませんが、

写真以外のあれやこれやを復旧させていかないと・・・・・・

膨大な量で遠い目になっちゃいます


その前に

パソコン買わないといけないんですけど


立ち直るまで少し時間下さい


こんなことにはめげませんので



| 日常 | 11:41| - |
台風の日に思うこと
 
また、台風ですね。


まさに弱り目に祟り目。

土砂ダムのこともありますし、

被害があまり拡大しませんように。


私の住む街は、

暴風・大雨警報が発令されていました。


よって、

子どもたちは臨時休校。


今週は、

連休も重なって、お休みばかりです


親は、警報が出ていようが

仕事に行かなきゃいけないんですけどねぇ。


そんで、私が仕事で留守にしている間、

暴風・大雨警報が出ていたにもかかわらず、

息子二人は、図書館に行ったようです。

図書館まで自転車で10分くらいかかるんですけど?

「レインコート着て行ってきたよ」って


台風だから学校が休みなんだっつうの


外に出ちゃダメだって言ったんだけどなぁ。


お勤めするのも考えもんだなぁ

と思った出来事でした。

| 日常 | 15:04| - |
骨から学ぶ生活の知恵
 
どうも。

今回は、あまり日を空けず更新です


先日の長男の骨折の話から、

骨つながりで、

日傘の骨が折れたお話を


もともと、日傘の骨が一本、

ちょっと曲がってたんです。

傘の骨ってすぐ曲がりますよね

まぁ、それだけで捨てるわけもなく、

手で無理やりまっすぐにして使ってたんです。

そうすると、折れやすくなるって分かってるんだけど、

やりますよね?


で、風が強い日に日傘をさして自転車に乗ってたんです。

(あ、自転車つながりもあり、か?)

ビュッと風が吹きぬけたときに、

クニャリ、ポキッ

と言うわけです。


あぁ〜



もう季節は夏の終わり。

でも、紫外線はまだまだ強い。

紫外線を舐めてはいけないのだ


というわけで、夏の終わりで日傘も安くなってるかも、

と日傘を見に行ったんですが……


ない!!


いや、あるんですよ。


でも、売れ残りだなぁというものばっかりで。

しかも、今持ってるのより高いものしかなくて。

お金ないし……。


もう、我慢しようかなぁと思ったんです。(紫外線を)


そこで、

もしかして!!

と思い当たった事があるんです。


うちの旦那ちゃんは

職人さん。


普通のご家庭にはないような道具、備品を持ってるんです。


「直せないかな?」

と言ったところ、

「見てみる」

と、日傘を見て、

ガレージをごそごそ、と。


旦那ちゃんの仕事終わりにお願いしたんで、

もう時間も遅くて、私はそのままおやすみしちゃいました


朝起きたら、


直ってましたぁ


折れた骨に、

細い金属の管を通して固定してました。


いわゆる、

ギプス

ですな。


さすが、だぁりん



私の生活の知恵をひとつ。


何か欲しいものがあったら、

とりあえず百均を覗け。


何かが壊れたちゃったら、

とりあえず旦那に修理を依頼してみる。


たいがい、

これでいけます


これって、生活の知恵じゃないんじゃねぇ?

| 日常 | 10:01| - |
夏の思い出
 
どうも。

お久しぶりです。

どうも筆不精でいかんですなぁ

なかなかPCに向かう時間がないというのもありますが、

ブログが放置状態になってしまい申し訳ないです。


さてさて、

この夏に起こった出来事をひとつ。


長男が骨折しました





自転車に乗ってたんです。

フェンスを蹴りながら(ここがバカ

で、バランスを崩して、激しく転倒。

左手首をポッキリ


腕には、細いのと太いのと二本、骨があるんですが、

両方とも見事に折れておりました。


レントゲンも記念に撮影しておけばよかったと

後悔してます


左だったのが、せめてもの救いです。


手首なのに、腕全体ギプスされてます。

なので、色々と不便なんですよね。


しかも、これ、

始業式の日にやっちゃったんですよ。

やっと子どもの世話から開放されると思ったのに


3週間、毎日荷物持ちで学校の送り迎えをし、

毎日お風呂に入れてました。

よくやったぞ、私

(ちなみに、小学4年生)


先日ようやくギプスも外れ、私もお役ごめんです。


長男はもともと、甘えっ子なので、

ギプスをしている間は、私が色々と世話をするのが

嬉しかったみたいです。


そうそう、皆さん、興味あると思いますが

3週間洗わなかった腕からは結構な悪臭がしてました。

ギプスを取ったときは、

そりゃそりゃ、すばらしい悪臭を撒き散らしてくれましたよ。


腕は、というと、

垢なのでしょうね、

一皮黒いものを被ってる感じでした。

そりゃ、臭いよ、てなもんで


骨の方は順調に修復作業中のようです。

でも、手首の辺りが少し湾曲してる感じなんです。

旦那は、医療ミスだといきまいてましたが、

子どもの骨は成長しているので、

多少曲がって骨がくっついてもきちんと治るそうです。

骨自身が、成長過程でまっすぐなろうとするんですって。

人間ってすごい



私の今までの人生の中で、

私自身も周りにも骨折した人がいなかったので、

色々と発見をしました。


というわけで、

まぁ、いい経験をさせてもらった夏でした。

| 日常 | 09:44| - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS